高度な管理スキルが問われる資格

IT業界では、新しい資格が次々と登場している。そのため、どの資格を取れば有利であるのか、判断が難しい。そこでこれからどのような働き方がしたいのかを明確にして、適した資格を優先的に取得すると無駄がない。情報技術関連の資格では、主にマネジメント系とスペシャリスト系の資格が存在する。専門的なエンジニアとして技術を極めるなら、スペシャリスト系の資格を主体として取得していく。

一方で、キャリアアップでこれから管理職を目指すなら、マネジメント系の資格取得が有利である。管理職になるならおすすめ資格であるのが、プロジェクトマネージャー試験である。プロジェクトマネージャーは、システム開発のプロジェクトを運営する責任者である。システム開発の現場でマネージャーの役割を果たすには、広い視野から開発プロジェクトを捉えて、リーダーシップを発揮できるスキルが求められる。

プロジェクトマネージャー試験は、IT関連の資格の中でも高難度な部類に入る。この資格を取得するには、システム開発の専門的な知識に加えて業務経験もあった方が有利である。プロジェクトマネージャー試験は取得に苦労する資格なため、おすすめ資格として特に価値が高い。取得さえすれば、管理職の有望な人材として職場では実力が高く評価される。これからシステム開発の道へと進み、さらに管理職として活躍する事を目指すのであれば、プロジェクトマネージャー試験は挑戦する価値がある資格である。
このように、将来設計をした上での資格取得が有利であり、デキるエンジニアへの近道だと言えるだろう。