資格を取らないとエンジニア失格なのか

おすすめ資格が多くて、しかもどれもレベルが高いのが、エンジニアをしていく上でのデメリットとなる。いくら学歴やスキルがあったとしても、必要な資格を揃えておかなければ信頼を勝ち取ることはできない。最低でも情報処理技術者試験ぐらいには合格しておかなければならないのだ。しかし、この情報処理技術者試験もそれほど簡単に合格ができる種類の資格ではない。相当高度な試験になるので、数年間はこのためだけに勉強をしなければならないほどだ。プログラミングの練習をしながらこうした資格試験の対策もしなければならない点が大変である。

また、さらに上のレベルの資格も多数あって、それがないと出世ができないケースも多い。情報処理技術者試験の上には、応用情報技術者試験というものがあり、こちらはさらに勉強にも時間がかかる。ただ、資格を取得しておけばその分野についてはしっかりと仕事がしていけるはずだと評価されるので便利だ。経験がなくても資格があれば仕事を得ていくことはできる。そういった意味では平等で、誰にでもチャンスが広がっているといえる。

ただ、おすすめ資格とされているものは難関資格ばかりであって、相当程度の実務経験がないと手も足も出ないのが普通だ。人によっては仕事をしながら専門学校に通って試験対策をする場合もある。一般の仕事のように就職をすればそれで終わりではない点が、エンジニア職のデメリットだと言える。生涯勉強をし続けなくてはいけないのだ。